サラリーマンに向いてない性格でも成功する人の思想【本質】

サラリーマンに向いてない性格や成功する人の思想【本質】 サラリーマン

小野です。

サラリーマンをしていて、「オレってサラリーマン向いていないかも」って思うことはありませんか?

ハッキリ言ってサラリーマンに向いている人と、向いていない人はいます。

サラリーマンという生き方が正しいわけではありません。

 

サラリーマンでない方が成功する人もいます。

 

本日はサラリーマンじゃない方が成功する人の性格や特徴と考え方の本質についてをお話ししたいと思います。

私のサラリーマン時代は1年目から年収が1,000万を超えて、最高年収は2,250万円でした。現在は約2,000万円くらいの資産を運用しています。

が、私もサラリーマンは向いていないと思い、サラリーマンを辞めて現在に至りますので参考にしてもらえればと思います。

サラリーマンに向いてない性格でも成功する人の思想

サラリーマンに向いてない性格でも成功する人の思想

サラリーマンに向いていない人で、しっかりとしている思想の人は常日頃からこんな疑問を抱いています。

  • 通勤に疑問
  • 利益が会社に吸収されることに疑問
  • 会社に依存して手に職をつけれないことに疑問
  • 税金がウザすぎる件に疑問

こういった感じですね。

また、今回サラリーマンに向いていない人と言っているのは、しっかりとした思想の人だけと考えてもらえればと思います。

 

ただ単純に「ダルい」や「めんどくさい」「残業がやだ」「会社が嫌だ」など、サラリーマンであれば仕方ないにも関わらず、なんとなく論やニート的思考な人は対象外です。

 

通勤に疑問

通勤に疑問を感じるのはハッキリ言って正しいです。

通勤時間なんてのはムダでしかない時間なので、通勤時間なんて無い方がいいのです。

究極に通勤時間をなくせるのは、自宅でできる仕事になります。ネットビジネスやフリーランスであれば場所はどこでもできますね。

起床して朝の準備もいらないので、そのまま5分後にパソコンに向かえば準備完了するので、とても効率がいいです。

このように、時間の有効活用という面でメリットを見いだせている人は、やたらと長い通勤時間を極端に嫌うでしょう。

でもそれが正解だと思いますね。

何も考えてない人は「通勤だるい」としか思わないでしょう。その無駄な通勤時間を30年も何も考えずに消費していくと思います。

しっかりと考えている人は、その辺りの時間に対する意見をしっかりと持っていると思います。

 

・・・・・・・

サラリーマンであれば、ベストは会社の横のマンションに住むことですね。

無駄を省くことによって時間を使えるので、仕事でも成果が出るからです。

例えば、電車の人は19時くらいになると早く電車で帰らなきゃってソワソワして仕事に集中できなくなりますよね。

でも会社から歩いて帰れる場所に住んでいれば、秒速で帰宅できるので仕事に集中できると思います。

こういったことを言うと、よくある意見が「家賃が高いから無理」って意見です。

確かに東京のど真ん中や都会だと厳しいかもしれませんが、ちょっと離れている場合は可能ですよね。

仕事に集中することによって出世したり稼げたりするので、意外とあまり問題なかったりします。

事実として私はサラリーマン時代は会社に電車で通勤したことはありません。

 

 

利益が会社に吸収されることに疑問

自分が会社で出した利益が会社に吸収されて、自分には全く還元されないことに疑問があります。

例えば月に1,000万円の利益をだしたとしても、自分には25万の歩合しかもらえなかったり。

それは自分が自営だったら月商1,000万になりますので、全然違います。

確かに会社員なのでしょうがないと思いますが、あまりにも還元されないことには違和感を感じると思います。

でもその疑問は正しいです。環境さえあれば自分で稼げた話なので、サラリーマンじゃなくて自分でやった方がいいかもしれません。

 

 

会社に依存して手に職をつけれないことに疑問

長年、会社に依存して働いてくると

会社がなくなったとき、どうするか

について何も考えていなかったりします。

大半の人は他の会社に転職すると言うでしょう。

転職の永遠ループです。

しかし、それで本当に成功することは出来るでしょうか?

最近では大企業でも45才からのリストラが目立ちます。

そうなったときの為にも、会社にいるうちからブログやネット、投資などで自力で稼ぐことを覚えておいた方がいいのです。

また、会社で覚えた知識で独立できる見込みのない仕事の人は早めに気づいた方がいいと思います。

IT,WEB,ブログ経験者など → そのジャンルでフリーランス独立可能

 

事務員、公務員、製造業など → そのジャンルで独立不可

分かりやすく言うとこういった感じです。

何も考えずに毎月の生活費だけを求めて、なんの知識もついてない人よりも、最初は給料が安いけど美容師などの方が将来は有望だと思います。

サラリーマンが向いていなくても、しっかりしている人はこのように考えます。

 

税金がウザすぎることに疑問

サラリーマンだと稼げば稼ぐほど税金を国に吸収されます。

ありえないぐらい引かれます。

↓こちらは私のサラリーマンの年収が1,679万だったときの賞与ですが、1,469,917円も差し引かれます。

実際の賞与明細の写真

ありえなくないですか?149万ですよ。まじで意味不明です。

サラリーマンは稼げば稼ぐほど吸収されます。

 

・・・・・・・

しかし、自営業だった場合経費を使って税金対策ができますね。

売り上げから経費を差し引いた残りに税金がかかります。

しかし、サラリーマンは給料(売上)にダイレクトで税金がかかるので、マジでシャレにならないんですね。

しかもサラリーマンはの経費は認められていないっていう理不尽さ。

キャバクラは経費なのに。。

この辺のサラリーマンの理不尽さが理解できる人は、サラリーマンよりも独立して法人でやっていった方が向いていると思いますね。

 

サラリーマンを向いてないのにやり続ける必要はない

まとめ:サラリーマンを向いてないのにやり続ける必要はない

サラリーマンが向いていないと思うのに、やり続ける必要はないと思います。

しかもハッキリ言って東京や都心のサラリーマン依存はえげつないです。

毎朝満員電車に乗って平然としている人はどういう神経なんでしょうね。。

地方に言ったら自営の人もたくさんいますし、世の中である程度成功している人たちは皆サラリーマンではないですからね。

正しい道とは

自分が正しいと思った道を行くのが正解ですよ。

周りがサラリーマンばっかりだから、サラリーマンが正しいとは限りません。

周りに流されず芯を強く持ちましょう。

 

私も高速で成功できるように頑張ります。

では。

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】