年収1000万なのに貯金なしの理由5つと改善策【ヤバい】

年収1000万なのに貯金なしという理由と改善策 年収1000万

小野です。

年収1000万なのに貯金なしという理由5つと改善策です。

世の中には、年収1000万を稼いでいるのに貯金なしの人は実は結構多いです。

ぶっちゃけ年収1000万で貯金なしはけっこうマズいです。

そこで本記事では、年収1000万を稼いでいるのに貯金なしという理由5つと改善策について書きました。

 

私のサラリーマン時代は社会人1年目から年収が1000万を超えて、4年目で2250万になりましたので、年収についてはかなり考えてきました。

実体験を元に書いていますので、参考にしてください。

年収1000万なのに貯金なしの理由5つと改善策

年収1000万なのに貯金なしという理由

結論からすると、
年収1000万なのに貯金なしという理由5つは以下になります。

 理由5つ

  1. 家賃
  2. 食費、飲み代
  3. 高級車
  4. 保険
  5. 買い物

こういった理由になります。
これらのことにお金を掛け過ぎです。

私も前職で年間数百人と面談をして、資産の内訳や内容をコンサルしてきましたが、年収1000万で貯金なしの人のほとんどは、こういった基本的な理由です。

ハッキリ言うと、生活水準を上げすぎです。

結論からすると、生活水準を上げすぎずに今まで通りの生活をするといいです。

 

1. 家賃

年収1,000万になると、すかさず家賃の高い物件やタワマンに引っ越したりする人はとても多いです。

そもそもですが、稼いだ分だけ家賃も上げていたら無意味です。

それよりも、年収1000万であっても家賃が9万円以下くらいの家に住むからこそ、現金のキャッシュフローが増えて、年収1000万の恩恵を最大に受けれるわけです。

私が年収1000万を超えたときは、そういったことを考えながら、会社まで歩いて行ける恵比寿のワンルームで一人暮らして家賃は7万円でした。

そういったことをして、最初に貯めたお金で株式投資を始めました。

とりあえず、家賃なんてのは毎月の固定費なので、低い方がいいに決まっているのです。

返ってこない贅沢に使うか、手元に潤沢なお金を残すか、考えた方がいいですよ。

 

2. 食費・飲み代

年収1,000万になると、高い食事をしたり、高級な店に飲みに行ったりをしすぎです。

無意識でいると、どんどん使ってしまい、一か月の食費代が20万なんてこともあると思います。

また、年収1000万になると夜のお店や街にのめり込む人も多く、そういったことが好きな人は貯金はできません。

一日3,000円でも月9万、一日平均6,000円使ったらあっという間に18万ですからね。

年収1,000万になったからといって、調子に乗って贅沢したりせずに、今までと変わらない食事を保つことによって、大幅に改善できます。

10万以上も食費、飲み代に使っていたらそりゃ貯まらないです。

 

3. クルマ、ローン

年収1,000万になったからといって、すぐにレクサスやBMWなどの高級車をローンで購入するのはやめた方がいいです。

私も車は好きなので、その気持ちは分かりますけどね。

ただ、車だけは絶対に元取れない買い物です。また、買った瞬間に価値も下がって行きます。

 

ちなみに、クルマは財産だと思っている人もいると思いますが、銀行からすると負債でしかありません。

なので、クルマをローンで買うという行為は「負債をローンで買っている」のと同じです。

お金を減らすモノに更に金利を支払っているのです。

見栄張ってもしょうがないですよ。

ぶっちゃけ、どうしても車が欲しいのであれば100万円以下の車を現金一括で買う方がいいですね。

私も年収1000万になって現金一括で車は買いました。
買ったのは20万のデミオです。

せっかく年収1000万になったのに、たかが車の為に毎月毎年の支払いをしているとキャッシュが残らず、意味がありません。

家賃と一緒で、ローンは固定費なので無い方がいいです。

 

4. 保険

年収1000マンの人は、保険ビンボーになっている人も多いです。

ぶっちゃけ日本人で保険ビンボーはかなり多いです。
なんでもかんでも、安心安心ていう考えはやめた方がいいですよ。

まだ若いのであれば、ぶっちゃけ死ぬ確率は低いので保険にカネを支払うよりも、手元に残すキャッシュを優先しましょう。

例えば、まずは手元に現金1,000万円を貯めてから生命保険に入ってもぶっちゃけ全然問題ありません。

まず最初はキャッシュ最優先です。

生命保険を貯金と勘違いしないでください。

保険にに何百万支払っても、アナタの貯金が増えるわけではありません。

よく考えましょう。

 

5. 買い物

買い物のし過ぎも注意です。

確かに、ファッションや身だしなみにこだわりを持つのはいいことだと思います。

第一印象も良くなりますしね。

ただ、高級ブランドを買いまくったりするのは注意です。

そもそも、そっちの世界っていうのはキリがないので、毎月毎年高級ブランドを買いまくっていると全くお金が貯まりません。

あと、たまに30万するスーツみたいなのを買う人もいますが、ぶっちゃけ意味ないのでやめましょう。

30万のスーツを着ても誰にも気が付かれませんし、それよりもほどほどのスーツを着こなせる人の方がカッコよく見えます。

価格より着こなしが大事ですからね。

 

結論:生活水準は上げすぎないように

ということで、貯金なしから脱却する改善策としては、

今までと同じ水準の生活をするといいです。

確かに、気持ちは分かります。

私も初めて年収が1000万を越えたのは29才のときでしたが、やはり買いたいものを買って、食べたいものを食べてもいいんじゃないかって気持ちになったこともありました。

高級な時計を買ったりもしました。

ただ、それをやりすぎるとストッパーが効かなくなって貯金が貯まらないんですね。

なので今年収1,000万なのに貯金がない場合は、生活レベルを見直さないといけません。

 

年収1000万で貯金なしはヤバいので貯金しよう

まとめ:年収1,000万になっても贅沢せずに今までと同じ生活をする

年収1,000万で貯金なしは、やっぱり100歩譲ってもちょっとマズいですよ。。

私の経験からすると、年収1000万であれば最低でも月5万は貯金できると思います。

ぶっちゃけ、年収1000万でも年収3000万でも貯金できなかったり、金融リテラシーがない人は、結局稼いでは使うを繰り返すサラリーマン思考の延長にしかなれません。

年収1000万を稼ぐのは一人前のビジネスマンです。

一人前のビジネスマンになったからには、そのあたりも考えましょう。

いつまでも年収1000万が続くとは限らない

また、いつまでも年収1000万の給料が貰えるとは限りません。

ましてや、歩合で稼いでる場合は来年は状況が変わっている可能性は非常に高いです。

私も営業で歩合で稼いできましたので、よく分かります。

「来年も稼げばいい」と思っていても、自分ではなく周りの環境が変わった場合は通用しなくなります。

いつまで続くか分からないと常に意識していると、自然とムダ使いは減ります。

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、年収1000万なのに貯金なしの理由5つと改善策についてでした。

貯金もして、リテラシーを身に着けて株式投資も始めるといいですよ。

では。

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】