サラリーマンの給料が安い理由3つ【本質】

サラリーマンの給料が安い理由3つ【本質】 サラリーマン

小野です。

サラリーマンの給料が安い理由3つです。

世の中のサラリーマンをしている人の中には、給料が安いので悩んでいたりする人も多いと思います。

そこで本記事では、サラリーマンの給料が安い理由3つについて、現実と本質について書きました。

私のサラリーマン時代は年収が1,000万を超えて、最高年収は2,250万円になったこともあります。

仕事と年収については、いろいろと考えて行動してきましたので、参考にしてください。

サラリーマンの給料が安い理由3つ

サラリーマンの給料が安い理由3つ

サラリーマンの給料が安い理由3つは以下になります。

 サラリーマンの給料が安い理由3つ

  1. ほとんどの社員が収益を生まない
  2. 給料はグリップ料
  3. そもそもそういう会社

こういった理由になります。

本質を理解すると、サラリーマンの給料が安い理由が見えてきます。

また、基本的な考えとして、会社はアナタに高い給料を払おうと思えば払えるのですが、払う気は全くないということになります。

では説明していきたいと思います。

 

1. ほとんどの社員が収益を生まないから

まず一つ目の給料が安い理由は、ほとんどの社員が収益を生まないからです。

経営者の考えとしては、基本的に収益を生まない社員には極力高い給料を払いたくありません。

例えば、収益を生まない事務員なのに、年収1000万も支払うことはまずありえないわけです。そうなると、収益を生まないのに固定費だけを上げてることになります。

それよりも、会社としては営業など、多くの収益を上げる社員や部署に対してある程度高い給料を支払います。

会社の構造上、社員の給料は固定費なので、各社員の給料を上げてしまうと会社の絵利益が減ります。

なので、単純に収益を生まないサラリーマンの給料は安いのです。

 

2. 給料はグリップ料

二つ目は、給料はグリップ料だということです。

要するに、会社側としてはどんなに優秀な社員や人材であったとしても、関係なく「○○さんは23万」などと決めて会社を辞めないようにグリップ料として支払っています。

つまりそれは、仕事の能力やどれくらい優秀かなどは関係ないのです。

会社はアナタがどこにも行かないように、毎月決まった給料を支払っているのです。

例えば、以下の社員がいるとします。

・A:時給1000円で300万利益を出す社員
・B:時給1500円で1億円利益を出す社員

この場合、会社がグリップしたいのはBの社員です。Bの社員にはちょっとだけいい給料を払ってでもグリップをしたいと考えます。

しかし、よく考えると利益と給料が比例しません。

普通に考えたら、Bはもっと時給を貰ってもいいはずです。

つまり会社というのは、いかに少ない給料で経営者に利益をもたらすかを重視しているので、仕事の成果が優秀かどうかは関係ないのです。

優秀だった社員には、会社を辞めないでほしいので、少しだけ大くのボーナスを支払います。

そうすることによって、その社員は利益の割に少ない賃金で働き、また来年も会社に利益を生み出してくれるからです。

これが、二つ目のサラリーマンの給料が安い理由です。

 

3. そもそもそういう会社

三つ目の理由は、そもそも高い給料を支払う気が無い会社です。

サラリーマンの給料なんてものは国で決められているわけでもありませんし、決めているのは経営者です。

つまり、経営者が安い給料しか払う気が無いのであれば、一生安い給料だということです。

また、経営者というのは、会社内で辞めてほしくない順に高い給料を払います。

鬼のように利益を出す営業マンより、1円の利益も出さない経理や事務の人の方が高い給料をもらっている場合もあります。

おかしい話しですよね。

それが給料の仕組みになります。

つまり、入社して研修期間などはいつでも辞めていいように給料が安く、重役ほど辞めてほしくないので給料が高いです。

なので、いつまでもサラリーマンとして給料が安い場合は、そういうことだと思ってどこかで見切るのもいいと思います。

 

サラリーマンの給料が安いのを耐える必要なし

サラリーマンの給料が安いのを耐える必要なし

そもそもですが、
大事なことは我々は金の為に人生の時間を削って働いているわけで、タダ働きではないです。

自分を安売りしないでください。

なので、サラリーマンの給料が安すぎて無理な場合は、耐える必要はないので、早めに転職をした方がいいケースも多いです。

その会社でないといけない理由でもない限り、さっさと転職してしまった方が将来輝ける可能性大です。

私も当然、アルバイトから長続きしなかった仕事まで色々経験していますが、そういった仕事はさっさと見切りをつけて行動してきたからこそ、稼げる会社で年収1000万以上を得ることができました。

なので、ダメだと思ったら不利なステージで戦わずに、自分の有利なステージに行くことです。

 

だいたいの仕事は誰でもできる

よっぽど特殊な能力を使って仕事をしていない限り、自分の業務の後継者は間違いなく現れます。

自分でないとダメだと、責任感を感じるのはいいと思いますが、人間、金の為に働いているので、やはりある程度給料も重視すべきです。

たまに、「カネじゃねえ」みたいなキレイごとを言う人がいますが、あれはハッタリですね。だったら無給で働くか給料全額寄付できるかって話です。

 

3年耐える必要は1ミリもない

よく、「一度会社に入ったら3年は何があっても耐えろ」見たいな格言があるじゃないですか。

でも、実際はぶっちゃけ明らかに合わないと思ったら、速攻でやめた方がいいですね。

合わない仕事をしたり、その会社にいても精神を消耗して終了します。

例えば、野球の選手が向いてるのに、ピアニストなろうとしてもそれは無理じゃないですか。

合わないってそういうことです。

人には向き、不向きがあるのです。

自分には向いてない、合ってないと確信した瞬間、高速で退職届を出しましょう。

その方が、結果的に新しいステージで活躍できます。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、サラリーマンの給料が安い理由3つでした。

人生一度などので、安い給料に耐える必要はありません。

では。

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】