営業で稼ぐ人の特徴3つ【トップ営業マンとしての経験談】

営業で稼ぐ人の特徴3つ【トップ営業マンとしての経験談】 営業

小野です。

営業で稼ぐ人の特徴3つです。

これから営業で稼ぎたいと思っている人や、営業マンをしている人で、稼ぐ人の特徴について知りたい人もいると思います。

そこで本記事では、営業で稼ぐ人の特徴3つについて書きました。

 

私も過去に営業マンを7年していて、営業トップで最高年収が2,250万円になったこともあります。

営業で稼ぐことについては普通の人の7万倍くらい考えてきましたので、参考にしてください。

営業で稼ぐ人の特徴3つ

営業で稼ぐ人の特徴3つ

では早速ですが、
営業で稼ぐ人の特徴3つは以下になります。

 営業で稼ぐ人の特徴

  1. 自分との戦いに勝つ
  2. 細かい点を妥協しない
  3. ヘコヘコしない

こういった特徴です。

ちなみに、これが営業において全てではありませんが、稼ぐ人にはこういった3つの特徴があります。

今回はこれについて解説します。

 

1. 自分との戦い勝つ

まず、営業で稼ぐ人は自分との戦いに勝てる人です。

例えば、分からないことを理解できるまで徹底的に調べたり、やり方を妥協せずにトコトン勉強したりすることです。

そういったことを徹底的に追及します。

1-1. レベルアップ

自分との戦いに勝つことで、レベルアップして営業で結果が出るようになります。

そして、結論からすると営業の成果とは数字を求めるのではなく、自分のパフォーマンスを最大限に追い求めた結果、気が付いたら成果が出ているといった感じです。

要は、営業の数字は後からついてきます。

なのでその仕事において自分との戦いに妥協したり、負けないでください。

分からなければ毎日同じことを分かるまで調べます。それを続けていると必ず自分に勝てるようになりレベルアップできます。

 

一方で、できない営業マンの特徴は「分からないことは見なかったことにする人」です。

簡単に言うと、それがクセになっている営業マンは一生稼げません。

 

1-2. 知識

営業で稼げる人は、人一倍知識があり、それを理論上説明できます。

なので、お客さんやクライアントからの質問に対して、自分が完全に理解しているので、しっかり説明して納得させれます。

 

例えば、お客さんから「なぜその商品がいいのか」と聞かれたときも、できない営業マンの返答は「みんな使っていて人気だから」などと、上軽い返答になりがちです。

しかし、本質を理解している人は、「そもそもなぜか」「それを保有することのメリット」などをしっかりと理論立てて説明できます。

 

また、知識がある人は態度にも出ます。

知識があれば自信がつくので、どこかゆとりのある態度で信頼感もあります。

一方で、まだ若い営業マンでお客さんの方が知識があるレベルだと、不安でしょうがないのでぎこちない態度になります。

なので、知識はしっかりとつけましょう。

 

1-3. 他の営業マンは見ない

営業で稼げる人は、他の営業マンは見ません。

要は、他人を気にするよりも自分が達人になれば、他の営業マンは自動的に自分より下になるからです。

なので、いちいちアイツはどうだ、などといって見ているようでは、その人を追いかけている状態になりますので心理的に不利になります。

そんなことより、自分を徹底して追い求めましょう。

立場は同じはずなので、どれだけ考えて、行動して、追い求めてきたかで差が出ます。

他人はシカトしてください。

 

2. 細かい点を妥協しない

営業で稼ぐ人は、細かい点を妥協しません。

例えば、資料作りをメンドクサイからといって適当にする人は、ちょっと微妙です。

そもそも、資料はとても大切です。

なぜならば、自分が営業する前に、資料が営業するからです。

相手に何か売る場合、まず何かの根拠や資料を出したりしますが、その時点で営業マンより先に資料が営業しています。

 

なので、資料の完成度は営業においてとても重要なのです。

資料がいいと、商品が何倍もよく見えます。

これはホントです。

なので、資料作りは妥協しないでください。

 

2-1. ペラペラしゃべらない

また、できない営業マンの特徴はとにかくよくペラペラ喋る人が多いです。

例えば、お客さんに「今おすすめの案件はこちらです」と資料を提出し、お客さんがそれに目を通している段階でペラペラと喋り出したりします。

資料に目を通している段階ですでに資料が営業し、お客さんは理解しようとしています。

つまり、そのあとの最後の一押しや、お客さんからの質問タイムに切実に答えてあげればいいのです。

アナタがペラペラ喋って売りつけるのではありません。

つまり、相手に質問させてください。

相手が真面目に質問すればするほど、ゴールは近いです。

 

3. ヘコヘコしない

営業で稼ぐ人の特徴は、あまりヘコヘコしません。

もちろん、敬語で話したりは当たり前ですが、極端にヘコヘコすると相手になめられますので、心理的に不利になります。

 

結論からすると、ヘコヘコするよりも協力者的なイメージで振舞うといいです。

なので、「~様」とか対面で呼ぶのはヘリ下りすぎですし、過剰なまでにヘコヘコするとこちらのお願いベースになってしまい、パートナーにはなれません。

むしろ、ヘコヘコしてなくても知識があって本質を理解していて、信頼される立場であればお客さんがこちらを信用します。

なので、その域になった営業マンは強いです。

 

3-1. 例

例えば、不動産の営業マンだったとすると、売れない営業マンのトークは以下になります。

 

売れない営業
「~様、~様にピッタリな物件が出て参りました!2億5,000万円、RCで築25年、積算も出てて利回り10%です!めっちゃいい物件なので、是非検討してもらいたいです!資料お送りさせて頂いてもよろしいでしょうか!」

 

こういった感じでお願いベースです。

 

しかし、売れる営業マンは以下になります。

 

売れる営業
「~さんお疲れっス。一応2億5,000万で表面10%のRC出てきたんですけど、どうします? まあぶっちゃけオイシイですね。積算もがっつり出てますし。 資料送っときましょうか? 一応すぐ売れそうなんで早めに検討した方がいいですよ。」

 

さて、どちらが売れそうな営業マンの気がしますか?

もちろん後者ですよね。

なぜならば、後者の方がお客さんにとってより協力者でありパートナーっぽいからです。

後者の人から買った方が、成功しそうじゃないですか。

なので、ヘコヘコとゴマをすりまくるよりも、信頼される域になれるように頑張りましょう。

お願いベースでの営業は二流です。

 

営業で稼ぐ人になるには

営業で稼ぐ人になるには

営業で稼ぐ人になるには、ぶっちゃけ行動と継続しかありません。

上記で書いたような3つの点と、強烈に成功したいと思っていれば、成功するように行動する習慣がつきます。

それを自分に負けないように習慣化して継続するだけです。

また、資料作りなど細かい点やメンドクサイ点を見て見ぬふりをしないクセをつけた方がいいです。

いつかそれが普通になったとき、他人と思考に差が開いていることに気が付きます。

そうなれば稼げる人に一歩近づいているでしょう。

 

本当に情けない営業マンは、明らかに気が付いているのにわざとスルーしますからね。

そういった人は100%営業で結果を出すことができません。

 

過去や他人と同じ行動をしない

稼ぎたいのであれば、今までと同じ行動をしていては不可能です。結局、他人と同じ行動をしていては結局その人と同じです。

例えば、一般人と同じ行動をしていては結局一般人で終わります。

 

しかし、成功者と同じ行動をしていたら成功者に少し近づきます。

 

なので、稼げる人になりたければ、ぶっちゃけ一般人と同じ行動をするのはやめた方がいいです。

厳しいことを言うかもしれませんが、一般人ほど他人と同じ行動をしている自分は一般人だいうことに気が付いていません。

成功したければ、一般人と同じ行動、考えはしないことです。

 

・・・・・・・

【ビジネスマンなら一度は読むべき本】

グーグル、IBM、ゴールドマンサックスのコンサルティングも手掛けている、
アダム・グラントさんの著書。

 

世界一車を売ってギネスブックに載っている営業の神様、ジョー・ジラードさんの本。

最強の営業法則
フォレスト出版

 

【ビジネスマンにおすすめのデジタル情報誌】

ロバートキヨサキのリッチダッド・プアダッド・レターはおすすめです。

ビジネスマンに必須の、お金の知識、投資、資産形成、ビジネスマインドなど関するデジタル情報誌を定期購読することで、圧倒的に金融、ビジネスに対する知識を学べます。

ロバートキヨサキ

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、営業で稼ぐ人の特徴3つでした。

妥協しないで、自分に勝てば営業で稼げます。

では。

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】