営業マンのスーツの値段はどれくらいか【結論】

営業マンのスーツの値段はどれくらいか【結論】 営業

小野です。

営業マンのスーツの値段はどれくらいかについてです。

日々仕事で営業マンをしていたりする人の中には、スーツの値段はどれくらいが適正なのか知りたいって人もいると思います。

そこで本記事では、営業マンのスーツの値段について書きました。

 

私も営業マンを7年近くやっていましたが、取り扱う商品が基本1億以上だったり、お客さんが外資系投資銀行の人などが多かったです。

なので、ダサいと思われないようにスーツには普通の人の700倍くらい気を使って考えてきましたので、今回は参考にしてください。

営業マンのスーツの値段はどれくらいか

営業マンのスーツの値段はどれくらいか

では早速ですが、
営業マンのスーツの値段について、結論からすると

4万円~7万円 がちょうどいいです。

この値段の範囲のスーツであれば、普通にカッコよくてオシャレでイケてるデザインのスーツが多いのでおすすめです。

値段が安すぎてもダサいスーツが多いですし、あまりにも高い値段のスーツを着るメリットも特段ありません。

なので、4万円~7万円くらいの値段で中堅クラスのスーツがベストです。

 

値段よりも着こなし

ぶっちゃけ、スーツは値段よりも着こなしの方が300倍くらい大事です。

たまにスーツに何十万もかける営業マンもいますが、ぶっちゃけ意味ないのでやめた方がいいですね。

なぜかと言うと、高級なスーツを着たからといって、突然カッコよくなるわけではないですし、ほぼ間違いなく誰にも気が付かれないからです。

そこに金を出すくらいなら、米国株を買い増しする方がよっぽどいいです。

 

例えば、同じデザインのスーツで片方が25万で片方が5万でも、普通は見ても分からないですよ。。

それよりも、4万~7万くらいの中堅クラスのスーツを自分に合ったサイズに直して着る方がいいです。

それで充分すぎるくらいカッコよくなります。

 

↓例えば、こんな感じ。

4万~7万くらいの中堅クラスのスーツを自分に合ったサイズに直して着る

写真:Forza Style

どうでしょう。

普通にシンプルで、カッコよくないですか?

営業マンとしても仕事できそうですよね。

これでも4万くらいです。

サイズをしっかりと自分に合うように直していて、ちゃんと着こなせてるだけでかなりカッコよくなります。

こんな感じで、スーツは値段よりも着こなしを重視する方がよっぽどいいです。

 

格安はやめた方がいい

逆に、1万円とか値段が格安のスーツの選択肢もあります。

ですが、それはぶっちゃけやめた方がいいです。

理由としては、生地そのもののデザインがダサい場合が多いからです。

要はスーツの形ではなく、模様です。

例えば、ダークグレーののシャドーストライプなんかは、そもそも安っぽく見えるデザインですが、格安だったら更に安っぽく見えます。

 

人前に出る機会の多い営業マンであれば、間違いなくダサくない生地の方がいいので、値段が格安すぎるスーツはやめましょう。

格安のスーツは事務や内職系などで、スーツは作業着だと思っているような人で、見た目はどうでもいいと思っているような人たちが着るスーツです。

 

値段がお手頃の営業マンにおすすめのスーツ

値段がお手頃の営業マンにおすすめのスーツ

値段がお手頃で営業マンにおすすめのスーツは、以下になります。

 おすすめのスーツ

  • スーツカンパニー
  • ユニバーサル・ランゲージ
  • オンリー

ここのスーツは、価格がお手頃でしかもデザインも今風のスーツがたくさんありますのでおすすめです。

特に、スーツカンパニーはどこにでもありますので、誰でも行けます。

私はいつもユニバーサル・ランゲージでスーツを買っていました。

値段的には、スーツカンパニーが最も安いのでおすすめです。

スーツは必ず直す

スーツを買ったら、必ずサイズを自分に合うように直します。

これをするかしないかで、安くてもカッコイイのか普通なのかがだいぶ変わります。

 

特に、パンツの丈については必ず直した方がいいです。

スーツがカッコよく見えるかどうかは、パンツでほぼ決まります。

例えば、今風なのは短めだけど短すぎないのがカッコイイです。

 

しかし、パンツがやたらダボダボだったらカッコよくないですよね。

なので、店員に言って今風にしてもらうといいです。

 

スーツはネイビーが基本

スーツの色については、もはや値段よりも重要です。

営業マンであれば、スーツの色はネイビーが基本です。

無地のネイビーで、サイズがピッタリ合っているだけでかなりカッコよくなります。

また、無地のネイビーは何色のワイシャツ、靴、ネクタイでも合いますので最強のスーツです。

なので、何色がいいか迷ったり、分からない場合は必ずネイビーにした方がいいです。

 

スーツはネイビーが基本

写真:スーツカンパニー

 

一番ダサい色

スーツで一番ダサい色は、黒です。

そもそも、黒いスーツを着る文化は世界にありませんし、黒のスーツを着ているのは日本人だけです。

黒いスーツは元々冠婚葬祭で着る物なので、オフィスワークなどでは普通着ません。

どこの国の大統領を見ても、だいたいはネイビーのスーツで、黒のスーツは100%ありえません。

 

しかし、なぜかダサい日本人は黒いスーツで、無地のテロッテロの白のワイシャツを着るんですね。。

ぶっちゃけダサいので、明日からやめましょう。

特に、営業マンであればそういった常識は当たり前なので、間違っても黒いスーツで営業に行かないようにしてください。

知ってる人に当たったらなめられます。

 

・・・・・・・

【ビジネスマンなら一度は読むべき本】

グーグル、IBM、ゴールドマンサックスのコンサルティングも手掛けている、
アダム・グラントさんの著書。

 

世界一車を売ってギネスブックに載っている営業の神様、ジョー・ジラードさんの本。

最強の営業法則
フォレスト出版

 

【ビジネスマンにおすすめのデジタル情報誌】

ロバートキヨサキのリッチダッド・プアダッド・レターはおすすめです。

ビジネスマンに必須の、お金の知識、投資、資産形成、ビジネスマインドなど関するデジタル情報誌を定期購読することで、圧倒的に金融、ビジネスに対する知識を学べます。

ロバートキヨサキ

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、営業マンのスーツの値段についてでした。

オシャレな営業マンはカッコイイです。

では。

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】