年収1000万の暮らし|2パターンの暮らしぶりがある【経験談】

年収1000万

小野です。

年収1000万の人の暮らしって、どんな感じだろうって思ったことはありませんか。

年収1000万を稼ぐ人でも、大きく分けて2つの生活や暮らしぶりがあります。

本日はそのことについて書いてみたいと思います。

私のサラリーマン時代の最高年収は2,250万円で、入社1年目から会社を辞めるまで年収1000万以上をキープしていた経験があります。

実体験を元に書いていますので参考にしてもらえればと思います。

年収1000万の暮らしは2パターンの暮らしぶりがある

年収1000万の暮らしは2パターンの暮らしぶりがある

年収1,000万を稼ぐ人でも、大きく分けて2つのパターンがあります。

  1. 今までと何ら変わりない暮らしをする人
  2. いきなり生活水準を上げまくって散財しだす人

このような感じでですね。

私も今まで、年収1000万を超える顧客などに何人も会ってきましたが、基本的にはやはりパターンがあるなと思いました。

私の今までお会いしたことのある、サラリーマンで1億以上の現金を持っていた方は全員、今までと何ら変わりない生活をするタイプの方でした。

 

今までと何ら変わりない暮らしをする人

年収1000万になっても、今までと何ら変わらない生活をする人です。

このパターンの人はお金持ちになるタイプの人ですね。

贅沢しないタイプの人です。

なんで贅沢しないかって、ちゃんと危機感について意識しているからですね。

ここで言う危機感とは

  • いつまでも高年収なわけがない。
  • 今の会社にいつまで在籍していられるかわからない。

こういった危機感です。

このようなことを常日頃から意識しているので、金を稼いだときにこそ贅沢しないで貯金しておいたり、比較的安心度の高い金融資産に変えておいたりするわけです。

来年部署が変わったり、出向になったり転勤になったりして年収もダウンするかもしれません。

来年アナタがいる支店が閉鎖になって、会社を辞めなければいけないかもしれません。

だからこそ、いつまでも続くわけがないと意識できている人は年収1,000万を稼いでも贅沢せずに今までと同じ生活ができるわけです。

 

いきなり生活水準を上げまくって散財しだす人

このような人は基本的には

お金が全く残らないタイプ

ですね。

稼いでは使い、稼いでは使いの繰り返しで貯金などはあまりできないタイプですね。

なにに使っているかと言うと、だいたいこんな感じだと思います。

  • 家賃の高い家に引っ越す
  • 高級車をローンで買う
  • 高級ブランドで身を固める
  • 高いメシや飲み代に使いまくる

だいたいこんな感じだと思いますね。

金融リテラシーの無い人がやる主な要素です。

典型的にお金が貯まらない浪費家タイプですね。

なぜこんなに散財するのかというとだいたいこんな感じだと思います。

  • 使っても来月また貰える
  • 今年はボーナスが多いので先に使っても大丈夫
  • 年収1000万のオレはリッチ

みたいな感じだと思います。

要はいつまでも今と同じ状態が続くと思っているんですね。

普通に考えて残るわけがありませんね。

意外と2年ぐらいすると大きく変わるかもしれないので、しっかりと常日頃から意識するようにしておきましょう。

 

よく年収1000万だったら20万の家賃に引っ越しても大丈夫とか言ってる人いますけど、その人はたぶん年収1000万稼いだことない人なので信じない方がいいと思いますよ。

家賃なんて安いに越したことないので、できれば10万以下ですね。

 

気持ちは分かる

とは言え、じゃ私はどうだったんだって話ですけど、私も年収1000万になったら秒速でフランクミュラーを買いに行ったこともありましたね。(笑)

始めて年収1000万になったのは29才のときでした。

それまではシドニーで鬼貧乏な生活をしてましたからね。

しかし、あまりにも行き過ぎた贅沢は本当に1円も残すことができないので、どこかでやめないといけません。

ある程度、ほどほどにしておきましょう。

 

年収1000万になると何ができるか

年収1000万になると何ができるか

そもそも年収1000万になると何ができるかって言うと、

普通に生活をする分には、ある程度値段を見なくても買えるようになったりします。

あと、大きな金額で言えば、住宅ローンが組めたり、ロレックスなど高級な時計を買ったりできるようにもなりますね。

確かに年収1000万になると、ある程度メシなんかも細かい値段を気にしなくなりますし、仕事帰りに飲みに行って3,000円払ってもあまり何とも思わなくなります。

あまり細かいことは考えずにお金を使ってしまうようになりますね。

あとは、余談ですが、婚活やマッチングアプリをやると鬼モテますね(笑)

できるからと言って何でもしないようにしましょう

とは言え、できるからと言って住宅ローンを組んだり、高級車などをローンで買ったりしてローン地獄になると縛られて自由度がなくなりますのでやめましょう。

縛られるとチャンスがあっても一生羽ばたけなくなります。

目先の贅沢よりも自由に生きていける状態でありましょう。

 

年収1000万になったら今までと同じ暮らしをしつつ自己投資をする方がいい。

年収1000万になったら今までと同じ暮らしをしつつ自己投資をする方がいい。

年収1000万になったらムダ使いは程々にしておいて、自己投資をしましょう。

自己投資は例えばどういったものかというと

  • 歯をキレイにしてホワイトニングする
  • 株やインデックス投資を徐々に始める
  • パソコンを買う

こういった感じですね。

私は年収1000万になったときから、これらを始めました。

ちゃんとした自己投資とは、自分に明らかなリターンをもたらすであろう投資のことです。

高級なレストランで食事をしたり、高級車を買うといったことではありません。

 

歯をキレイにしてホワイトニングをする

ビジネスマンや人と接する仕事をしている人は、歯をキレイにしましょう。

銀歯を取って歯並びをよくしてホワイトニングをすると、明らかに表情がキレイになり周りからの反応が良くなります。

営業をしている人は特にやった方がいいと思います。

口が鬼臭い営業マンはそれだけで売り上げが上がることはないと思います。

歯をキレイにしたりすることによって、それ以降の生活に明らかな違いが現れます。

 

株やインデックス投資を徐々に始める

年収1000万になったら投資を始めましょう。

いきなり株や為替の売買を頻繁に行うのではなく、テオのような資産運用会社を使った安心度の高い資産運用を始めるといいと思います。

サラリーマンで高年収といえど、金融リテラシーがないとお金を増やすことができません。

お金持ちになるには投資は絶対に避けては通れない道です。

まずは簡単な投資からやってみましょう。

 

パソコンを買う

パソコンを持ってない人はパソコンを買いましょう。

スマートフォンから得られる情報量と、パソコンを使っているときに得られる情報量は圧倒的に違います。

パソコンを使うことによって情報を得たり、発信をする知識をつけましょう。

成功する人と、いつまでも一般階層の人では圧倒的にパソコンを使っている割合に差があるというデータがあります。

なんでもかんでもスマートフォンでするのはやめてパソコンでするクセをつけた方がいいと思います。

 

まとめ

年収1000万の暮らし|2パターンの暮らしぶりがある【経験談】

年収1000万になったからといって、速攻で贅沢な暮らしをするのはやめた方がいいですね。

結局何も残らないので。

年収1000万を稼げる人になったのであれば、贅沢な暮らしをするよりも、もっと上を目指していく方がいいと思ます。

私も鬼普通の生活をしながら成功したいと日々考えています。

では。

≫年収1000万の関連記事一覧

 

おすすめ≫大手おすすめ転職サイトとエージェント8選【30代中途OK】