米国株|一株配当とは?【DPS】

米国株で一株配当について【DPS】 基礎知識

 

米国株|一株配当とは?【DPS】

米国株で一株配当について【DPS】

一株配当とは、1株あたりに支払われる配当金のことです。

一株当たりの配当金は年間で決まっています。米国株では年4回の配当なので、一株あたりの配当金が年4回に分けて支払われます。

一株配当は英語で「Dividend Per Share」と書きます。これを略してDPSと呼びます。

また、多くのサイトにはDPSと記載されるよりも「Dividend」と書かれていることが多いですが、これは同じ意味です。

一株配当の例

↓例えば、以下はジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の一株配当です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

このようにして、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の配当は4.04ドルと書かれています。つまりこれが年間での一株配当です。

一株あたりの配当が4.04ドルなので、100株保有していれば404ドルになります。そして、この一株配当が年4回に分けて支払われます。

 

↓以下はジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の配当履歴です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の配当履歴

このようにして、年に4回同じ額の配当が支払いされています。

つまり、2020年は一株配当が4.04ドルなので赤枠部分の1.01ドルが4回に分けて支払われます。

※実際の入金ベースでは、税金が約28.28%引かれた額の入金になります。

 

連続増配銘柄

ちなみに、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は配当王で57年連続増配を続けています。

つまり57年間、一株配当が増え続けています。

それとは逆に、連続増配年数が安定しなかったり、減配したりする銘柄もたくさんあります。米国株全てが必ず増配するとは限らないので注意してください。また、高配当と連続増配も違います。

できれば連続増配25年以上の銘柄が安心です。

 

 

・・・・・・・・・・

米国株の勉強や本場の情報収集は、オックスフォードインカムレターモトリーフールの無料メールマガジンがおすすめです。

また、世界最大のビジネス・金融情報メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」は必須のサイトです。これらのメルマガ・サイトでは、本場アメリカの最先端の情報や、米国金融、長期投資、配当など、長期投資家にとって必要な情報を得ることができます。

オックスフォードインカムレター

少額から投資をするアプリは「おつりで投資トラノコ」がおすすめです。米国株も含まれていて、おつりで少額から資産運用ができるので簡単です。

 

あわせて読みたい

 

おすすめ≫米国株・ETFでの資産運用ができるおすすめのアプリ3選!

おすすめ≫米国株で最強におすすめの証券会社トップ4社!【貴族の口座】