米国株でディフェンシブなETF3本【生活必需品・医療・公益】

米国株でディフェンシブなETF3本【生活必需品・医療・公益】 銘柄分析・比較

 

米国株でディフェンシブなETF3本

米国株でディフェンシブなETF3本

米国株でディフェンシブなETF3本を紹介します。

 ディフェンシブETF

  1. 生活必需品セクターETF
  2. ヘルスケアセクターETF
  3. 公益事業セクターETF

これらのETFは、ディフェンシブ系のセクターに分類されるETFです。

安定した値動きと配当が魅力のセクターです。私もこの3本のETFは当然保有しています。

 

ディフェンシブとは?

ディフェンシブとは、保守的、防御的、守備的などといった意味です。

ディフェンシブは英語だと「Defensive」です。これを米国株では以下のように捉えます。

  • 不況に強い
  • 下落耐性が強い
  • 安定している

例えば、不況であっても国民は洗剤や食品、髭剃りなどの生活必需品を購入します。体調が悪ければ病院に行きます。生活には電力や水道も必要です。

つまり、ディフェンシブセクターは景気や経済状況に左右されることが少なく、安定した需要のあるセクターです。

景気に左右されにくいので、株価が安定し大幅に下落しにくいのが特徴です。

 

1. 生活必需品セクターETF

生活必需品セクターETF

生活必需品セクターETFで代表的なのは、バンガード(VDC)とブラックロック(KXI)の二つです。

バンガード ブラックロック
ETF VDC KXI
国籍 米国 グローバル
米国籍割合 100% 50.82%
銘柄数 93 92
経費率 0.100% 0.460%
設定日 2004年1月 2006年9月
直近利回り 3.02 2.32%
直近10年リターン 10.66% 7.56%
直近5年リターン 6.11% 3.29%
PER 24.2倍 23.01倍
純資産総額 5.18B 663M

バンガードとブラックロックで、生活必需品セクターの主な違いは以下の通りです。

  • バンガードは米国籍の企業のみ、ブラックロックは海外の企業が約50%
  • ファンドの純資産はVDCが約5,180億円、KXIは663億円

※1ドル100円計算

ETFの資産としては、圧倒的にバンガードVDCの方が多いので、それだけVDCに投資している人の方が多いことが分かります。

 

1-1. 生活必需品セクターETF vs S&P500

生活必需品セクターETF vs S&P500です。

各ETFに10,000ドル(約100万円)を投資して、配当再投資をしながら保有していた場合のトータルリターンを比較します。

期間はブラックロックのKXIが設定された2006年から2020年までです。

生活必需品セクターETF vs S&P500

結果、トータルリターンが最も高かったのは、1位バンガードVDC(+217%)、2位S&P500(+167%)、3位ブラックロックKXI(+154%)となりました。

多国籍を多く含むKXIより、米国籍だけで構成されたVDCの方が高リターンでした。

これから生活必需品セクターETFを保有する場合は、VDCで問題ないことが分かります。

 

1-2. 生活必需品セクターETFの下落耐性

生活必需品セクターETFの下落率です。同期間で最も大きい暴落であった、リーマンショック時で確認します。

生活必需品セクターETFの下落率

結果、最も下落率が低かったのはバンガードVDC(-29.37%)、2位ブラックロックKXI(-35.29%)、3位S&P500(-50.97%)となりました。

リーマンショック級の大暴落であっても、-30%まで下がらなかったバンガードVDCは究極にディフェンシブだと言えます。

ちなみに別記事でも書いていますが、米国株全11セクターの中で最も下落耐性が強いのは生活必需品セクターです。

≫米国株でセクター別の過去騰落率ランキング

 

2. ヘルスケアセクターETF

ヘルスケアセクターETF

ヘルスケアセクターETFで代表的なのは、バンガード(VHT)、ブラックロック(IXJ)です。

バンガード ブラックロック
ETF VHT IXJ
国籍 米国 グローバル
米国籍割合 100% 67.3%
銘柄数 384 105
経費率 0.100% 0.460%
設定日 2004年1月 2001年11月
直近配当利回り 2.07 1.39%
直近10年リターン 16.10% 10.94%
直近5年リターン 8.73% 4.49%
PER 23.5倍 25.21倍
純資産総額 10.31B 2.30B

バンガードとブラックロックで、ヘルスケアセクターの主な違いは以下の通りです。

  • バンガードは米国籍の企業のみ、ブラックロックは海外の企業が約32.7%
  • ファンドの純資産はVHTが約1兆310億円、IXJは2,300億円
  • 保有銘柄数に大きな差

※1ドル100円計算

 

2-1. ヘルスセクターETF vs S&P500

ヘルスケアセクターETF vs S&P500です。

各ETFに10,000ドル(約100万円)を投資して、配当再投資をしながら保有していた場合のトータルリターンを比較します。

バンガードVHTが設定された2004年から現在までです。

ヘルスケアセクターETF vs S&P500

結果、トータルリターンが最も高かったのは、1位バンガードVHT(+388%)、2位ブラックロックIXJ(+374%)、3位S%P500(+239%)となりました。

生活必需品と同じく、米国籍だけで構成されたヘルスケアセクターVHTの方が高リターンでした。

これからヘルスケアセクターETFを保有する場合は、迷わずVHTでしょう。

 

2-2. ヘルスケアセクターETFの下落耐性

ヘルスケアセクターETFの下落率です。同期間で最も大きい暴落であった、リーマンショック時で確認します。

ヘルスケアセクターETFの下落率

結果、最も下落耐性が強かったのは、1位バンガードVHT(-35.10%)、2位ブラックロックIXJ(-37.88%)、3位S&P500(-50.97%)となりました。

バンガードVHTが最も下落耐性においてはディフェンシブです。

 

3. 公益事業セクターETF

公益事業セクターETF

公益事業セクターETFで代表的なのは、バンガード(VPU)、ブラックロック(JXI)の二つです。

バンガード ブラックロック
ETF VPU JXI
国籍 米国 グローバル
米国籍割合 100% 60.16%
銘柄数 66 66
経費率 0.100% 0.460%
設定日 2004年1月 2006年9月
直近配当利回り 3.65 3.56%
直近10年リターン 11.74% 5.08%
直近5年リターン 9.75% 5.55%
PER 19.6倍 17.48倍
純資産総額 3.83B 240M

バンガードとブラックロックで、公益事業セクターの主な違いは以下の通りです。

  • ・バンガードは米国籍の企業のみ、ブラックロックは海外の企業が約39.84%
  • ・ファンドの純資産はVPUが約3,830億円、JXIは240億円
  • ・保有銘柄数に大きな差

※1ドル100円計算

ETF純資産額に圧倒的差があることから、ブラックロックJXIは不人気かもしれません。

 

3-1. 公益セクターETF vs S&P500

公益事業セクターETF vs S&P500です。

各ETFに10,000ドル(約100万円)を投資して、配当再投資をしながら保有していた場合のトータルリターンを比較します。

ブラックロックJXIが設定された2006年から現在までです。

公益事業セクターETF vs S&P500

結果、トータルリターンが最も高かったのは、1位S&P500(+180%)、2位バンガードVPU(+169%)、3位ブラックロックJXI(+55.7%)となりました。

公益事業セクターETFに投資をするのであれば、バンガードVPU一択です。

 

3-2. 公益事業セクターETFの下落耐性

公益事業セクターETFの下落率です。同期間で最も大きい暴落であった、リーマンショック時で比較します。

公益事業セクターのETFの下落率

結果、最も下落耐性が強かったのは、1位バンガードVPU(-38.13%)、2位ブラックロックJXI(-43.84%)、3位S&P500(-50.97%)でした。

バンガードVPUが最も下落耐性においてはディフェンシブです。

 

結論

ディフェンシブ系のETFは下落耐性が強く、株価も安定しています。また、トータルリターンも悪くないです。

つまり、ディフェンシブ系のETFを保有することで、自分の米国株ポートフォリオを安定化させることができます。

今回はETFが設定された期間で検証していますが、ディフェンシブセクターに所属する個別銘柄で、期間を長くしてテストするとETF以上にトータルリターンは高いです。

 

例えば、1990年にヘルスケアセクタートップ5の個別銘柄でポートフォリオを構成し、1,000万円を投資して配当再投資をしながら2020年まで保有していた場合は、約6億円以上になっています。

ディフェンシブ系の銘柄やETFを長期で保有することによって、下落をヘッジしつつ大きなリターンも狙えます。大事なのは、大きく下げないことです。

 

ディフェンシブETFを使ったポートフォリオの例

ディフェンシブETFを使ったポートフォリオの例

ディフェンシブETFを使って、ポートフォリオを組む例です。

例えば上記は私の米国株ポートフォリオですが、ディフェンシブETFとして、生活必需品(VDC)、ヘルスケア(VHT)、公益事業(VPU)を組み込んでいます。

また、ディフェンシブセクター内の個別銘柄として、コカ・コーラ(KO)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)を保有しています。

ディフェンシブセクターを使った米国株ポートフォリオの例

こうすることで、私の場合はポートフォリオのセクター割合のうち、約60%はディフェンシブになるようにしています。

また、他にもブレンド系のETF(VIG、VYM)をクッションとして入れておくことで、下落耐性と安定性を向上させています。

 

長期投資は鉄壁のポートフォリオで運用

やはり米国株で長期投資をするには、絶対に信頼のできるディフェンシブ銘柄やETFを使って、下落耐性の強いポートフォリオを保有することがおすすめです。

つまり、大幅に下落しなければ上に上がるだけなので、結果的にリターンはよくなります。

厳選した10~15銘柄程度のポートフォリオを構築して、最大限にリターンを求めつつディフェンス確実にします。

 

バランス

ちなみに私のポートフォリオの場合、一見すると守りで固めているように見えますが、以下の要素も考慮して盛り込んでいます。

  • 11銘柄とETFを使っているのでチャートは安定
  • 連続増配はKO、JNJ、PG、MCD
  • 下落耐性はETFと銘柄数でカバー
  • 値上がり益は、VGT、VHT、JNJが牽引

鉄壁のポートフォリオを保有して、資産を拡大させていきます。

 

・・・・・・・・・・

米国株の勉強や本場の情報収集は、オックスフォードインカムレターモトリーフールの無料メールマガジンがおすすめです。

また、世界最大のビジネス・金融情報メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」は必須のサイトです。これらのメルマガ・サイトでは、本場アメリカの最先端の情報や、米国金融、長期投資、配当など、長期投資家にとって必要な情報を得ることができます。

オックスフォードインカムレター

少額から投資をするアプリは「おつりで投資トラノコ」がおすすめです。米国株も含まれていて、おつりで少額から資産運用ができるので簡単です。

 

 あわせて読みたい

 

おすすめ≫米国株・ETFでの資産運用ができるおすすめのアプリ3選

おすすめ≫米国株で最強におすすめの証券会社トップ4社【貴族の口座】