米国株|配当の再投資とは?

米国株|配当の再投資とは? 基礎知識

 

1. 米国株|配当の再投資とは?

配当の再投資とは何ですか?【米国株】

配当の再投資とは、得た配当金を使って保有している銘柄を更に買い増しすることです。

配当金を再投資することによって、保有している銘柄数が増えるので次回の配当金も更に増えることになります。

このようにして、配当金を再投資して保有している銘柄を増やしていくことで、雪だるま式に資産を増やすことができます。米国株の長期投資においては、配当を再投資する戦略はとても有効です。

配当を再投資するときは、配当金だけで再投資をするか、追加資金と合わせて再投資をします。

2. 配当を再投資するメリット

  • 次の配当が増える
  • 含み益が大きくなる

2-1. 次の配当が増える

配当を再投資して保有している銘柄数を増やすことで、次回の配当金を更に多く得ることができます。

例えば、現在1株保有していて、1株あたり年間3ドルの配当だとします。この場合は当然年間で3ドルの配当を得ます。

保有株数が2株になると配当は6ドルになります。10株だと30ドル、50株だと150ドルとなり、保有数が多くなるほど増えていきます。

このようにして、配当金を再投資して保有株数を増やすことで、次々と多くの配当を得られるようになります。これが配当再投資による複利の効果です。

2-2. 含み益が大きくなる

配当を再投資して保有している銘柄を増やすほど、含み益も大きくなります。

例えば、現在1株保有していて、株価が10%上がれば含み益は10ドルになります。

10株保有していると、同じ10%の値上がりでも含み益は100ドルになります。つまり1株の含み益の場合よりも、10倍多くなります。

保有しているのが100株の場合は1,000ドルになり、1株に比べて100倍の含み益になります。

このようにして、配当を再投資して保有している株数を増やすことによって、株価が値上がりしたときに大きく含み益を得られるようになります。

 

3. 複利の効果

米国株で配当を再投資した運用を長期で行うと、かなり大きなリターンを狙えます。

過去を振り返れば、とても大きくリターンを享受できたことが分かります。

3-1. 過去の例

例えば、1990年に以下7銘柄に100万円を投資して、追加投資なしで現在まで再投資をしながら保有していた場合の例です。

Ticker Name Allocation 連続増配
1 MCD McDonald’s Corporation 15.00% 43
2 KO Coca-Cola Company 15.00% 57
3 PG Procter & Gamble Company 15.00% 63
4 JNJ Johnson & Johnson 15.00% 57
5 CLX Clorox Company 15.00% 42
6 SWK Stanley Black & Decker, Inc. 15.00% 52
7 ED Consolidated Edison Inc 10.00% 45

1990年に以下の7銘柄に100万円を投資して、追加投資なしで現在まで配当を再投資して保有していた場合

結果、7銘柄のポートフォリオ(青)のトータルリターンは現在までで、約4,000万円近くなっています。

ちなみにこれは、配当の再投資だけなので、追加投資をしていれば更に多くのリターンとなっています。

私を含めた一般人が相場で富を築くには、絶対に売らない自信のあるETFや、ごく一部の銘柄を保有して配当をフルスイングで再投資するだけです。

 

・・・・・・・・・・

米国株の勉強や本場の情報収集は、オックスフォードインカムレターモトリーフールの無料メールマガジンがおすすめです。

また、世界最大のビジネス・金融情報メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」は必須のサイトです。これらのメルマガ・サイトでは、本場アメリカの最先端の情報や、米国金融、長期投資、配当など、長期投資家にとって必要な情報を得ることができます。

オックスフォードインカムレター

少額から投資をするアプリは「おつりで投資トラノコ」がおすすめです。米国株も含まれていて、おつりで少額から資産運用ができるので簡単です。

 

あわせて読みたい

 

おすすめ≫米国株・ETFでの資産運用ができるおすすめのアプリ3選

おすすめ≫米国株で最強におすすめの証券会社トップ4社【貴族の口座】