米国株でEPSの計算方法【基礎】

基礎知識

小野です。

米国株で、EPSの計算方法についてです。

これから米国株を始めようと思っていたり、既に米国株投資を始めている人の中にも、EPSの計算方法について知りたいって人もいると思います。

そこで本記事では、米国株でEPSの計算方法について書きました。

チャっとEPSを計算できるようになりたい人は、参考にしてください。

米国株でEPSの計算方法

米国株でEPSの計算方法

では早速ですが、
EPSの計算方法は以下になります。

当期純利益 ÷ 発行済株数 = EPS(通貨単位)

以上です。

これでEPSを計算できます。

EPSの概略としては、単純に利益を発行株数で割っただけです。

ちなみに、EPSの単位はドルになります。PERみたいに何倍とかではありません。

とても簡単です。

実際にEPSを計算

では実際にEPSを計算してみましょう。

↓以下はコカ・コーラ(KO)の財務サマリーです。

コカ・コーラ(KO)の財務サマリー

この表を基に2019年のEPSを計算すると以下になります。
※端数は若干ズレる

8,920 ÷ 4,276 = 2.07ドル(EPS)

となります。

各英語の意味は以下になります。

  • Net income|当期純利益
  • Shares Outstanding|発行済み株数
  • Earnings Per Share(EPS)|一株あたり利益

色々なサイトがありますが、だいたいこの英語表記なっていますので、探してきてそのまま電卓で計算すればオッケーです。

通貨単位

ちなみに、どこのサイトでも通貨の単位は特に指定のない限り、ほとんどがミリオン表記になっています。

つまり、100万ドル(1億円)単位です。
※1ドル100円計算

なので、表に「21」と書いてあれば、2,100万ドル → 21億円となります。

例えば今回例に出しているコカ・コーラ(KO)の2018年の場合ですと、当期純利益は6,434と書いてありますので、

6,434=(64億3,400万ドル)なので、6,434億円になります。

↑末端の4が、400万ドル(4億円)

電卓で実際に計算するときは、書いてあるベースでそのまま打ち込めば計算できます。

 

EPSを使った米国株の銘柄分析

EPSを使った米国株の銘柄分析

EPSを使って米国株の銘柄分析をする場合は、以下の点に注目します。

  • 毎年安定いる、もしくは伸びているか
  • 発行株数は減っているか

こういった感じです。

毎年安定いる、もしくは伸びているか

EPSが毎年安定している、もしくは伸びているのは良いことです。

つまり、発行株数が変わらなければ一株当たりの利益が増えてる=会社の純利益が増えていることになります。

しかし、もちろん年度によって上下はあります。

↓例えば、以下はプロクター・アンド・ギャンブル(PG)の発行株数、EPS、EPS成長率になります。

プロクター・アンド・ギャンブル(PG)の発行株数、EPS、EPS成長率

このように、毎年上下はするものの、長い目線で見れば安定しています。

なので、教科書どおりに言えば毎年安定して増加している方がいいですが、実際はそんな銘柄ほとんどないので、通年して安定しているかを見れば大丈夫です。

発行株数は減っているか

発行株数が減っているのは、企業が自社株買いをしているからです。

例えば上記のプロクター・アンド・ギャンブル(PG)の発行株数を見ると、毎年減っているのが分かります。

これはPGが自社株買いをしているからです。

自社株買いをすると投資家には以下のメリットがあります。

  • 株価を押し上げる
  • EPSを押し上げる

・まず発行する株数が少なくなると、株価を押し上げる要因となりますので、銘柄を保有している投資家は値上がり益を享受できます。

・また、EPSが上昇すると、PERが下がりますので株価は割安方向に振れます。

その結果、新規で買う人も買いやすかったり、配当再投資をする場合にも理論的に言えば、極端に割高なバリエーションで買うことがないので、投資家にとってはメリットです。

分かりやすい例

↓ちなみに、以下はマクドナルド(MCD)の2006年からの発行株数です。積極的に自社株買いをして株主に還元をしています。

マクドナルド(MCD)の2006年からの発行株数

↓以下はマクドナルドのEPSです。

マクドナルドのEPS

最初から説明してきたとおり、EPSは安定しており、発行株数が減っているのが分かります。

↓マクドナルド株価は以下になります。

マクドナルド株価

ちなみに、マクドナルドの現在のバリエーションは、PER24倍、配当利回り2.71%とそこまで割高ではなくある程度普通です。

こんな感じで、EPSを使って銘柄分析をしたりできます。

もちろん銘柄分析はこれが全てではありませんが、基本的なEPSの概念としては覚えておくといいです。

EPSは予想で変わる

ちなみに書いておくと、EPSは予想収益をどれくらいで見るかで変わります。

↓例えば、マクドナルドの来季予想EPSは5.56ドルです。

マクドナルドの来季予想EPS

図:楽天証券

つまりこれは昨年に比べて、今期は落ち込むと予想されているからです。

なので、EPSを見るときは単年ベースで一喜一憂するのではなく、通算してどうかを見た方がいいです。

 

・・・・・・・・・・

米国株の勉強や本場の情報収集は、オックスフォードインカムレターモトリーフールの無料メールマガジンがおすすめです。

また、世界最大のビジネス・金融情報メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」は必須のサイトです。これらのメルマガ・サイトでは、本場アメリカの最先端の情報や、米国金融、長期投資、配当など、長期投資家にとって必要な情報を得ることができます。

オックスフォードインカムレター

少額から投資をするアプリは「おつりで投資トラノコ」がおすすめです。米国株も含まれていて、おつりで少額から資産運用ができるので簡単です。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、米国株のEPSについてでした。

基本的にEPSとは何かを覚えておくといいです。

では。

 

おすすめ≫米国株・ETFでの資産運用ができるおすすめのアプリ3選!

おすすめ≫米国株で最強におすすめな証券会社トップ4社!【貴族の口座】